手水の式事は、「参拝の式事」とも呼ばれていらっしゃる。

手水の式事は、お葬式の時に葬儀の前に参列するみなさんの身を清めるための儀になります。

では、桶に入れた水をひしゃくですくいます。
すくった水で、両手を3回に分けて、洗います。

こういう桶に入れた水のことを、「御神水」と言います。」

ひしゃくで両手を洗ったら、次は水を左側に受けて、
口元を洗い流します。
ぬれた口元は、空白でふきます。

手水の式事の後は、参拝だ。

参拝は、心中を2回下げて、柏手を2回します。
この時ノイズを立てないようにゲンコツがダブるまま止めます。
あるいはノイズを立てないように静かにゲンコツをあわせます。
そうして最後に1回礼だ。

これは一般的に、「二お辞儀二拍手お辞儀」と呼ばれているものです。
また柏手のノイズを立てないようにすることを、「しのびゲンコツ」といいます。

柏手ですが、音を立てると礼節犯行にもなります。
そのため何より用心深くください。家族だけのお葬式について詳しくしりたいならこちら

たとえば、社葬を行うお客であれば、
まず最初に密葬を行ない、そうしたら社葬といった大規模なお葬式を執り行います。
こういう社葬が、本葬と呼ばれるお葬式だ。

社葬は、大規模なお葬式となることがほとんどです。
また一般的なお葬式とは違い、様々なマネジメントをし、
個性あふれるお葬式となることが多いです。
そのためお礼を誰にお願いするのか、どういうマネジメントを行うのか、
どうして進行していくのか、決めなければいけないことがたくさんあります。

そのため社葬には、さんざっぱら長時間を要します。
社葬にはアレンジが要る結果、亡くなられてすぐには、執り行なうことができません。
なので、では親類や遺族、親しかった知人やそれぞれだけでお葬式を行います。
こういうお葬式のことを、密葬と言います。

そうして社葬のアレンジが整ってから、世の中会葬人間を呼んで、社葬を執り行います。

一般的には、密葬の下部、数週間下部くらいになります。家族だけの小さなお葬式の情報はこちら